RI Tokyo 2020

新開催日:9月15日、16日


4月15日、16日に予定しておりましたレスポンシブル・インベスター・カンファレンス東京(RI Tokyo 2020)は2020年9月15日、16日に延期となりました。新型コロナウィルスへの懸念が拡大する状況を受け、この度の決断に踏み切ることとなりました。開催場所は当初予定しております通り、東京ミッドタウン六本木ホールおよび、レセプション会場としてザ・リッツ・カールトン東京とさせていただきます。
 
RI Tokyo 2020の新アジェンダは、日本でのESGの現状と、それらが国際的な討議の場へいかに反映されていくかに焦点を当てます。PRIは引き続きパートナーとしてご協力いただきますが、PRI in PersonがRI Tokyo 2020の三週間後に開催されることを踏まえると、本会議の役割は、グローバルなサステナブルファイナンスの発展に、日本が提示しうる観点について、議論を深める場を提供することであると考えます。


新日程では、会議全体を通じ以下を試みます:

・日本版スチュワードシップコード、コーポレートガバナンスコードの策定と改訂の原動力を振り返り、他国とは一線を画した責任投資の解釈を、どのように発展させるべきかを検討します。
・企業を含め、日本社会全体が、いかに根本的に異なる社会(S)課題の定義をし、アプローチしてきたかを検討します。
国際的に形成されているESGおよびサステナブルファイナンスの規範について、日本がどう適応してきたか(またはしてこなかったか)を討議し、日本の社会的連帯性のスタンダードが、国際社会のサステナビリティの基準づくりに何を提示できるかを検討します。

予定トピックについては、会議日程ページをご参照ください 

すでに頂戴しておりますご参加登録は、新規開催日程に自動的に引き継がれます。会議ご参加についてご不明な点がございましたら、担当・城田(Yuki@responsible-investor.com
までお気軽にご連絡ください。

9月にお目にかかれますことを、一同楽しみにしております。

今村沙絵、イベント・リーダー
トニー・ヘイ、ヒュー・ウィーラン、共同創業者・共同マネージング・ディレクター
Responsible Investor